ホームランを打つのは、野球の醍醐味の一つですよね。 では、そのホームランって、どうやって打つんでしょうか? これから、ホームランを打つために必要な要素をいくつか紹介します。 ・パワーとスピード ・角度 最初は、「パワーとスピード」ですが、ホームラン以前に、バッティングには来たボールを打ち返す動作が必要になります。 ピッチャーが投げる球というのは、それなりに威力があるものです。 それに、バッターの力をぶつけることでボールが飛びます。 より強い力をぶつけ、ボールに伝えるためには、バットのスイングスピードが必要不可欠です。 パワーとスピードをつけたいなら、やはり筋力トレーニングが必要になるでしょう。 次に、角度ですが、いくらパワーとスピードがあったとしても、叩きつけるバッティングでは打った球が下方に行ってしまいます。 ですので、ある程度の角度をイメージしてスイングすることが重要です。 具体的には、35〜40度と言われています。 ただ、角度を上げることをイメージし過ぎると、アッパースイングになり、フライが上がり過ぎてしまうので注意しましょう。